社会福祉法人おれんじ会 障がい福祉サービス事業所
フォントサイズ:

クッキー工房 おれんじはうす 施設紹介

施設長挨拶

 おれんじはうすは知的に障がいがある人、とくに自閉症やなんらかの病気で一般就労するには心身がついていけない人たちが多く働いています。

 仕事をするにも、みんな一生懸命でいろいろな作業の工程を卒なくこなしています。こんなに努力して頑張って働いている仲間ですが、なかなか工賃においては報われないのが現状です。

 将来に自立できる収入を確保できるようにと、自立支援法では障がい者の工賃倍増に努力されていますが、私たちのような小さな施設に対してはなかなか生かされていないのです。

 当施設は就労継続支援B型(非雇用型)で運営しており、自主製品、クッキーの生産性効率は非常に良好ですが、販路拡大という大きなハードルがあります。その部分に職員の手をさくことが出来れば、大きな売り上げにつながるのですが、職員はサービス利用に対する配置で手一杯です。

 今回、このようにホームページを立ち上げ、世間にもっとおれんじはうすを知ってもらうことにより、私たちクッキー工房おれんじはうすの販路が拡大されていくことを信じております。

 社会貢献事業、社会福祉事業をお考えの一般企業さま、各種法人さまに置かれましては、ホームページを閲覧の上、担当者さまへのメッセージをお読みいただき、なにとぞ私たちおれんじはうすの販路拡大にご尽力下さることを切に望みます。

おれんじはうすとは?

おれんじはうすは、障がいを持つ人たちがいきいきと仕事をし、豊かな生活を過ごせる場所として、また枚方市で積み重ねられてきた障がい者の自立への歩みや運動を実践する作業所として、平成4年5月に開所しました。(現在のクッキー工房は平成5年5月開所)

利用者が自立した社会人として地域で生活しながら、明るく楽しい生活が営めるように、各自の能力を伸ばし社会性を育てるための指導訓練を行っています。

クッキー工房おれんじはうすとしては、利用者全員が一丸となってクッキーを焼き、袋詰め、計量、箱詰め、シール貼りなど、製造から販売まで分担協力しながら行っています。よりよい製品を作ることを目標として日々クッキー作りに勤しんでいます。また軽作業なども行っております。

方針

・社会人としていきいきと仕事をしながら、地域に溶け込んで自立することを支援する。

・生きがいと歩みを保障するとともに、家族がその人生に希望が持てるような活動を支えていく。

・地域との共同の場をもち、地域に根ざした施設づくりをすすめる。

理念

魅力的でおいしいクッキーを作って販売し、利益を得ることによりやりがいを感じ、明るく仲間と働くことを目標とする。

決算書類等

(リンクからエクセル・ワード形式で保存できます)

平成25年度報告書
貸借対照表   ・事業活動収支計算書   ・資金収支計算書   ・財産目録   ・現況報告書

平成26年度報告書
貸借対照表   ・事業活動収支計算書   ・資金収支計算書   ・財産目録   ・現況報告書

平成27年度報告書
貸借対照表   ・事業活動収支計算書   ・資金収支計算書   ・財産目録   ・現況報告書

平成28年度報告書
財務諸表・財産目録及び現況報告書   ・事業活動報告書   ・事業活動計画書   ・定款
役員等名簿 :  ・役員報酬等に関する規定

平成29年度報告書
財務諸表・財産目録及び現況報告書   ・事業活動報告書   ・事業活動計画書   ・定款
役員等名簿 :  ・役員報酬等に関する規定

赤い羽根共同募金

    

おれんじはうすは赤い羽根共同募金にオーブンの助成をしていただきました! 助成額は200万円です。大変立派なオーブンを入れることが出来ました。

施設概要


施設正式名称 社会福祉法人おれんじ会 障がい福祉サービス事業所
クッキー工房おれんじはうす
利用者数 23名(2017年7月現在)
指導員数 8名(2017年7月現在)
住所 〒573-1161 大阪府枚方市交北3丁目3-10
連絡先 TEL:072-856-8378 FAX:072-856-8379
交通手段 京阪電車枚方市より京阪バス樟葉or長尾or藤坂ハイツ行き(枚方市駅北口4番乗り場)乗車、
田ノ口降車、山田交番前より徒歩15分